活動ブログ

あったかいつどい数珠つなぎin山科

2013年4月11日

 朝は松尾駅街頭で訴え、後援会のみなさんがたくさん参加していただきました。午後は山科で4ケ所のつどい。子育て中のママたちの元気に圧倒されながら、元気をいっぱいもらいました。ありがとうございました。

精華町は宣伝日和でした

2013年4月10日

 朝は蚕ノ社で街宣してその足で精華町へ。ゆうきさん、佐々木町議、松田町議の地域を一緒にまわりました。ときおり強い風にあおられながらも、天気は最高でした。粘り強く要求実現に取り組む精華の日本共産党町議団、5月が改選です。  

清水寺の6・9行動、1100回!

2013年4月9日

 核兵器廃絶を求める国際署名行動、たくさんの外国人が署名してくれました。ドイツ、香港、中国、ベトナム、もちろん日本人も。北朝鮮の挑発が続く中、「こんな時だからこそ、頑張ってほしい」って嬉しい激励もありました。草の根の運動が世論をつくります。 今日は原田完府会議員と一緒に、文化財にかかわる方、学者、電気事業者などこれまで接点のなかった方と懇談させていただけました。景気回復、地場企業の振興と思いは一致。激励ありがとうございます。京丹後市の子会社の撤退計画を進める日写さんに雇用を守るよう申し入れにも。かみね、光永、馬場府議に同行させていただきました。地場の大企業の踏ん張りが必要です。 また水漏れの東… 続きを読む »

平井良人さんとツーショットです

2013年4月8日

 中京区の市会補欠選挙予定候補の平井さんと写真どり。今日の予定はオフ、オフとなるといろいろと用事をしたくなる貧乏性の虫が騒ぎます。郵便局に銀行、たまった書類の整理など、ついつい片づけの一日でした。 弁護士のみなさんの憲法研究会でご挨拶。改憲の動きが強まる中、力強い限りです。 

桜散らしの雨風にもめげず

2013年4月7日

 左京、中京、西京戻って左京区内を回りました。こくた恵二衆議院議員と高瀬川桜まつり、ダンス規制法(風営法)の改正を求めて署名に取り組むSさん、署名は15万人!いよいよ国会が動くときです。 西京新林後援会では地元の筍、ワラビにウドの差し入れ、おいしかったです。左京は冷たい雨まじりの中、街頭宣伝に駆けつけていただいたみなさんありがとうございました。

男山市議会報告会、雨です

2013年4月6日

 雨風にも関わらずご参加いただいたみなさんありがとうございました。山本市議のパワーポインターを駆使した報告はわかりやすさ抜群です。ご近所のさくら公園、満開のさくら散らしの嵐です。  

福島、南相馬、浪江町の今

2013年4月4日

 東京から福島へ、今日帰宅しました。防衛相に対するXバンドレーダーの計画撤回を求める申し入れなど盛りだくさんの要望を京都府会、市会、京丹後市会の議員のみなさんと一緒に行いました。地元の疑問などもあり、アメリカに紹介をかけているという防衛相、防衛相がどんな項目で照会をかけているのかと問うと「アメリカとの信頼関係の問題で答えられない」というのです。国民との信頼関係はどうでもいいのか! 胸がつぶれる思いになったのが、浪江町の現実です。3.11の直後のままの状況でほとんど片づけもすすまず、残った住宅は牛、豚、ネズミに荒らされ放題でした。この現実を政府も東電もしっかり見ろと言いたい!

Xバンドレーダーはいらない

2013年4月1日

 井上哲士参議院議員に同行して宮津市、伊根町、京丹後市に配備計画の経ヶ岬自衛隊駐屯地と視察と懇談です。説明会が開催されたものの、肝心な情報がつかめないとの苦悩は共通です。住民の安全と安心を守るのが役割だと繰り返し話された首長の思いはしっかり受け止めました。 明日は防衛相に直接申し入れです。続いて福島の支援に行ってきます。

京都府内の女性がいっぱいです

2013年3月31日

 シルクホールが府内中から集まった女性であふれました。バケツ議会は面白かったです。一分間で発言して、井上参議院議員と私が交互に答弁にたつ趣向、時間がくれば容赦なくバケツがガンガン鳴らされます。熱い激励をいっぱいもらって勇気百倍です。集会が終わっても四条烏丸の四隅を占拠して街頭演説会も! 夕方は民青東地区委員会の代表者会議へ、エネルギー政策や選挙の戦い方など、ホッとな質問のやりとりもあって楽しかったです。頑張れワカモノ!

桜満開、移動で花見もバッチリです

2013年3月30日

 十石船が行き来する疏水の河岸の桜並木も満開です。こんなにきれいだったことを初めて知りました。第一法律事務所の後援会のおかげです。移動する車中とはいえ、市内の桜を満喫した一日でした。 京丹波市の演説会では「喜多方市に疎開していた」という方、「応援します」という方ありで感激です。島津の日本共産党委員会の総会でもご挨拶させていただきました。 維新の会が党大会を開いたという報道を見てびっくり。「賢くて強い日本」をめざすといいます。自民党との違いは「賢い」ことだけ?改憲の主張のどこに違いがあるのでしょうか。ないない!

精華町へ

2013年3月29日

 五月に改選を迎える精華町議選、日本共産党への支援を訴えてきました。定数4減で現有4議席を目指すたたかいです。街頭宣伝をしていると「のどにいいから」とキンカン、スカーフやお茶、コーヒーと次々と差し入れをしていただいてありがたいことです。 坪井、佐々木、松田町議とゆうき予定候補も一緒に宣伝です。

地域循環型経済で再生を提言

2013年3月28日

 落ち込みが激しい京都経済、地域循環型でこそ再生が可能とする提言を発表。今日記者会見をしました。中将企業振興条例や公契約条例、再生エネルギーを起爆剤にとの提案をどんどん団体や企業にも持ち込んで世論を広げたいと思います。 八重の桜のイベントが相次いでいます。合間を見つけて同志社の展示会をのぞいて、こんなキャラクターも見つけました。夜は議員団とOBが激励会を開いてくれました。ありがたくてうれしくて、元気をいっぱいもらいました。

学童保育料の値上げは凍結

2013年3月27日

 さすがに京都市の負担軽減だけとはいかず、一年間に限り値上げを凍結するとのこと。もともとの料金で申し込んだ保護者にとっては、とりあえずホッとする対応です。解凍することなく負担軽減こそです。 今日は総合ケアステーション太秦安井の後援会のつどい、若いスタッフが役員も引き受けて頑張ってくれてました。ありがとうございます。

憲法宣伝につどい

2013年3月26日

 烏丸御池の昼休み憲法宣伝、続けてます。今日は京都府委員長とマイクを持ちました。西京区のつどいで訴えて交流、大企業のOBも参加してくれました。「現職の時はどこで見られているかわからず、街頭でチラシを受け取ることもできなかった。退職してようやくこれた。共産党の政策は正しい」と力強く握手をしてくださいました。「ええ話が聞けました」と嬉しい激励もいただいてご機嫌です。 夜は二条駅で若者雇用アンケートに挑戦、正社員で月十万円で一日15時間働いていると答えた20才の青年、本当に疲れた顔してました。ひどい働かされ方に唖然!雇用守るルールの確立は待ったなしです。

思想調査を不当労働行為と認定

2013年3月25日

 橋下大阪市長が、行った職員に対する思想調査。記名方式で処分もともなう「アンケート」を大阪府労働委員会からレッドカードが突き付けられました。教育委員会に対する支配と介入のやり方も違法では?写真は土曜日の山科のつどいです。

議会報告会に集会へ

2013年3月24日

 下南の労働者祭り、京建労の春の総決起集会、地元の議会報告会を皮切りに左京で4か所、最後は京田辺市で演説会でした。本番のように走りました。「毎日ブログみてるよ」「私の娘が助産師です」「喜多方市の出身です」とわがことのように喜んでいただいて、花粉症対策グッズもいただきました。本当にありがとうございました。今日はなんとか花粉でむせることもなし! 

山科一巡、夜は大久保で演説会です

2013年3月23日

 山科では豪華弁当で迎えていただき、小金塚、音羽、大宅でつどい、最後は街頭宣伝です。「ファンになったよ」などとうれしい声をかけてもらったり、十数年ぶりの再会があったり、差し入れをしていただいたりと大歓迎でした。街宣していると小学生の女子が「本物だぁ」とつぶやきました。ポスター効果きいてきたかな? 夜は大久保で会場いっぱいの参加者、大阪の清水ただしさんも訴えに来てくれて会場は笑いが絶えません。「今度は倉林さんと漫才組んで」といったもんだから大うけでした。

残ったのは京都市の負担軽減だけ

2013年3月22日

 昨日の最後の議会運営委員会が開催されたのは今朝の5時でした。値上げラッシュの提案に、与党会派が動いてやり玉にあげたのが職員厚生会に対する京都市の補助金です。財政難を理由に凍結していた補助金を復活させる条例を修正し、学童保育料の値上げも凍結する修正案も準備したものの取り下げて、結局最後に残ったのは職員厚生会への補助金の凍結だけでした。市民には負担増を押し付けることに反対したのは日本共産党だけでした。 夜は城陽市のつどい、遅刻してご迷惑をおかけしました。 

憲法9条を守ろう!

2013年3月19日

 火曜日の定例宣伝、烏丸御池のオフィス街でお昼休みに続けています。激励してくださる方も多くて元気でます。今日は西山登紀子元参議院議員も訴えました。 議案に対する賛否を決める検討が続いています。与党会派も議案の修正や付帯決議、意見書の提案と盛りだくさんです。値上げラッシュの市長提案に対し、丸のみというわけにはいかないのは当然です。値上げをやめろと、15人の日本共産党議員団は真っ向対決してがんばります。 福島第一原発の停電に震えました。事故は本当に終わっていません。