活動ブログ

お昼休みは緊急集会、値上げの撤回を!

2013年3月18日

 二月議会も最終盤、審議も終わり今日から各会派が議案に対する態度を決める会議が明日まで続きます。水道料金の値上げ、保育料、学童保育料などの値上げ撤回を求める個人や団体が市役所に集まりました。中京で理容業を営むNさんがマイクを持って、暮らしも営業もつぶされると訴えました。 

花粉に負けず走る

2013年3月17日

 今日は北区、上京区の移動。自転車で走ったら、花粉の猛撃にあいました。議会報告会では花粉にむせました。A元婦長が懐かしい看護師時代の私を紹介してくれました。患者さんの顔、同僚の顔が次々と浮かんで、花粉症のせいだかうれしいせいだか、涙でました。 かもがわ出版社のギャラリーでは被災地支援の物産展、笹かまや喜多方ラーメンに地酒などなどゲットです。

女性のつどいはあったかい

2013年3月16日

 伏見、右京で女性が囲んでくれました。たくさんの手作りの料理、お菓子と必ず食べ物があるのが女性の集まりです。今日は歌も踊りもありました。ありがとうございました。 朝は中京のふれあいウォーキングの開会式だけお邪魔して、こくた恵二衆議院議員、かみね府会議員、北山市会議員と四条大宮で街頭宣伝です。南地区の勉強会では尾藤弁護士が講師、楽々悠々市では「桜だより」とネーミングされた京せんべいをゲットしました。

TPPに参加やめさせよう!

2013年3月15日

 安倍首相がTPPに参加することを表明。完全関税が撤廃されても3兆円ものプラスが出るとの説明にびっくりしました。消費が3兆円のびるというのですが、輸入品が安くなっても収入が伸びなければ消費全体が増えるはずがありません。農業への影響は3兆円も減るというもの。参加を表明したものの、ただちに参加が決まったわけではありません。参議院選挙でストップしよう! 今日は交通水道消防委員会、水道代の値上げ撤回を求める請願は審議継続となりました。値上げ提案に与党会派はすっかり納得したようです。なんでやねん!

違法行為はいっさいない

2013年3月14日

 ローム本社に初めて入り、雇用確保の申し入れをしました。人事担当者がそろって誠実に対応していただいたものの、退職強要はしていないとの説明に終始しました。「希望退職」を選択せざるを得なかった労働者の訴えは事実です。それでも今後の「希望退職」計画はないことが確認できました。 午後は京都労働局へ、解雇の相談が増えていることなど、京都の雇用環境の厳しさを実感。それにしても労働者の雇用を守る権限がいかに弱いことか。労働する権利を守る国の責任のはずです。朝は、通信労組のストライキを激励、守ろう雇用、勝ち取ろう賃上げ!

市長総括終え、宇治へ

2013年3月13日

 市長の答弁は暴走気味、大阪市の取り組みを紹介されたら京都ではとっくの昔からやってることばかりだと事例を列挙、あげくに「君が代斉唱のくちびるチェックは25年前からやっている」って!自慢することなんか! 予算委員会終了後、宇治の福祉現場で働く人たちと懇談させていただきした。福祉の現場のリアルな話を聞いているとファイトがわいてきます。ホンマ頑張ろう。前窪府会議員団団長も一緒です。

2人目も消えた民主党

2013年3月12日

 予算特別委員会の休憩中、参議院選挙京都選挙区の民主の予定候補が立候補を辞退するというニュースが飛び込んでびっくりです。私が立候補を表明した翌日に現職の民主参議院議員が引退表明、今度は予定候補が消えました。どうなってんだか民主党! 議会の議論も値上げラッシュで負担増の今議会、与党会派は値上げについて十分に説明しろというばかり、市民が値上げを理解できないのは、説明が足りないからではありません。あれもこれも値上がりする中、トリプルパンチで暮らしも営業もやってけないからです。今日は、加藤あい、井上けんじ、玉本なるみ、井坂博文議員が質問しました。写真は10日の九条診療所での集会、井上けんじ議員も一緒で… 続きを読む »

3年目が始まる東日本大震災、福島原発事故

2013年3月11日

 今日は原発〇ネットの府庁包囲デモに参加しました。いまだに避難県民15万人、事故の収束の見通しもたたない福島。民主党政権時代の「収束宣言」を継承する自民党、支援策の打ち切りとセットです。明日から始まる三年目、福島を被災地を忘れず支援を続けたい。 昨日は南区九条診療所と右京区高雄でつどい、気候はあったかくなったり寒くなったり、花粉が飛んだりでつらい日々ですが、みなさんに元気をもらってます。

バイバイ原発、円山はいっぱいでした

2013年3月9日

 避難しているお母さん、二年間現地に入ってきた辛淑玉さん、原発事故は終わっていないこと、原発事故がいかに人間をこわすかを教えてくれました。涙を吹き飛ばしてくれた制服向上委員会の元気な歌と踊り、延々と続くデモ。しっかり元気をもらいました。 京都マラソンの歓迎企画で福島、宮城、岩手の三県人会がブースを開いていると知ってのぞきました。さっそく県人会も会津会にも入れてもらうことに。バイバイ原発のシールを見つけて「頑張ってください!」熱いエールももらいました。

雇用を守れ、賃上げの声を届けよう

2013年3月8日

 朝は街宣で賃上げを訴え、府庁で府議団と一緒に記者会見したのは、202人の求職者から聞き取った声です。詳細は府議団ホームページでご覧いただけます。 その足で経ヶ岬まで走ってXバンドレーダー配備予定地周辺の視察、現地の人からお話を聞かせてもらいました。北朝鮮の動きに不安の声も少なくありません。美しい棚田に豊かな海、平和が一番です。峰山では脱原発のアピールにも合流です。吉田さゆみ5区代表、田中、平林市議と一緒でした。 ハローワーク前の求職者聞き取り調査の報告.pdf

花粉にもめげない一日

2013年3月7日

大阪の近畿財務局に金融円滑化法の申し入れ、参議院の近畿の選挙区予定候補も勢揃いです。とんぼ返りで府庁周囲をデモ行進、東山地域で訪問と外回りですっかり花粉にやられました。めげないぞ!と言いたいところですが鼻ものども目も、耳の穴までかゆい!!!たまりません。 それでも夕方のあっこの部屋インタビュー、くしゃみが出なくてラッキーでした。

市長総括質疑は12、13日です。

2013年3月6日

 上下水道料金の値上げの是非が問われる中、市民の声は値上げは困るというものだと、具体的な声で迫られると「私のまわりではもっと頑張れという声ばかり」と管理者は鼻息が荒いです。管理者を激励する友達はいるでしょうが、値上げを激励したわけではないと思うのですが・・・。 市長に対する質問は3/12、13日午前10時から京都市会ホームページで生中継でご覧いただけます。値上げラッシュ阻止へ、大詰めです。

値上げの説明をすればいいのか

2013年3月5日

 朝は円町で平井良人中京市政政策委員長、原田完府会議員と宣伝、上下水道局の与党会派の質問は、値上げの必要性を市民に十分説明するようにというもの。値上げを認めていいのか。明日は突っ込んだ議論が出てくるでしょうか。市民生活の実態や事業者、福祉施設の聞き取りを踏まえて値上げはアカンと明確に主張したのは日本共産党だけでした。 明日で局別の質疑は終わり、市長総括質疑です。

保育の後退にムシロ旗です

2013年3月4日

 保育料、学童保育料の値上げに加えて頚腕や腰痛の健診廃止などが提案された予算。今日は市役所前で抗議の座り込みです。今日、明日と保健福祉局の審議、明日あさっては値上げが提案されている上下水道局の審議が始まります。 今日の交通局審議では、市バス・地下鉄財政健全化計画を取り上げました。累積赤字を抱える交通局から18億円も補助金を引き上げたのは市長だと認めました。地下鉄のトイレが汚いと与党議員からも指摘されましたが、委託料をどんどん引き下げた結果です。

中京、東山でもひなまつり集会

2013年3月3日

 今日は、月に一度の公園清掃の日。「倉林明子物語みましたよ」「今度選挙出るんですね」などと声をかけていただいてありがたいことです。昨日の続き、今日もひなまつりで女性のつどい。華やかでにぎやかで元気です。 白梅町では女性宣伝。三条河原町では青年と一緒に。平井良人中京区市政政策委員長、市会補欠予定候補の参加しました。

雪も吹き飛ばす左京おひなさま集会

2013年3月2日

 今日は京教組の75回定期大会をかわきりに、左京区内で集会や宣伝です。雪も舞う中、元気だったのは女性たち。手作りのちらし寿司に豚汁の左京南部、北部修学院では手縫いのバッグもいただきました。外は雪でも、女性たちは本当に元気でした。 京大職員のみなさんとの懇談会では〇☓クイズも登場して楽しいひと時でした。

現場の怒りあふれた緊急懇談会

2013年3月1日

 値上げラッシュの二月議会、予算審議二日目、夜に開催された緊急市政報告懇談会では、発言が相次ぎました。保育所の保育士、学童の指導員、生活保護世帯の現状や年金生活者、みんな怒ってます。議会を包囲して値上げの撤回を迫ろう! 来週4、5日は保健福祉局、上下水道局と焦点の審議です。賃金も年金も下がる中、相次ぐ値上げに市民の反撃が始まっています。

安倍政権の崩壊の始まり

2013年2月28日

 首相の施政方針演説の中身を見ての実感です。事実上のTPP参加表明に加えて原発の再稼働宣言、改憲促進といずれも世論に真っ向から挑戦するものです。TPP参加阻止へ北海道知事が動き、原発再稼働に福島はだまっていません。崩壊は遅くない。写真は京都新聞より転載しました。 市議会は予算特別委員会の審議が始まりました。今日は消防局質疑、粘って求め続けてきた消防団員処遇改善に少し光が見えた答弁です。 

25 / 27« 先頭...1020...2324252627