倉林明子

倉林明子

メルマガ登録

京都医労連大会と中京のつどい

2016.09.14

DSCN7288

9月10日 京都医労連の大会で、ごあいさつ。看護師出身の国会議員として頑張って来たが、今度、厚労委員会の所属となり、みなさんと一緒に、真正面から医療、介護、社会保障の大改悪と闘い、みなさんの声を国会へ届ける仕事をしますと、お話しました。 夜は、中京での「綱領を語り、日本の未来をかたる」つどいで、お話しました。 前日に続いて、自衛隊についてや天皇制についての質問が出されました。日本共産党が綱領の立場から提案した「国民連合政府」が、国民の目にも現実味を帯びてきたことから、これまでの疑問が、具体的に出されてきたようです。 (スタッフ)

亀岡スタジアム問題とアユモドキ

2016.09.14

DSCN7266

9月9日 「『トップダウン』府政は転換を 亀岡スタジアム問題を考える」と題して、学習・懇談会が開かれました。 光永府議から、山田知事がトップダウンですすめる府政運営の手法について報告があり、馬場亀岡市議から、「亀岡スタジアムの問題点と地元の運動」について報告されました。 倉林議員は、天然記念物アユモドキの保全に関して、今年4月25日に行政監視委員会で取りあげ、アユモドキの保全について環境省が必要性を認めたことを、お話しました。 亀岡の水害を見てきた住民の方の訴えや駅北訴訟に取り組みの紹介、スポーツ団体からの発言など、充実したものとなりました。 この学習懇談会で、地元の活動と国会がつながっている…続きを読む

JCP京都★女性講座

2016.09.09

DSCN7262

9月8日 集まりました! 会場いっぱい、「JCP京都★女性講座」 「JCP京都★女講座」は今回が4回目。第1回は3年前に「男女平等」、一昨年の第2回は「日本軍慰安婦問題」、昨年の第3回は大河原壽貴弁護士の講師で「戦争法」を、それぞれテーマに開かれました。今回は、その4回目、「政治は変えられる、始まった市民革命の流れを太く大きく」と題して、倉林明子議員が日本共産党の綱領を紹介しながら、お話しました。 参院選で候補者として闘った大河原壽貴弁護士も参加され、選挙後の心境や最近の日常を挨拶の中で話されました。 講座では、様々な質問も出されましたが、安倍政権の暴走と対決する世論と運動を作り出すためには、…続きを読む

京都総評大会

2016.09.07

DSCN7183

9月3日 京都総評の大会に来賓としてごあいさつしました。 厚労委員になったことを紹介しながら、「皆さんの声を国会に届ける事が、任務であり義務。どうか、声を寄せて下さい。そして、ご一緒に、憲法を守る立場で、大きく団結して、安倍政権を打倒しよう。」と呼びかけました。 (スタッフ)

京生連と京都市会議員団の介護問題報告会

2016.09.07

DSCN7179

9月2日 午後、京都生活と健康を守る会連合会(京生連)の役員さんと懇談、夜は、京都市会議員団による「安心できる介護制度に 介護の切り捨てを許さない!市政報告懇談会」に出席しました。 京生連の皆さんとはこれまでから、総会や様々なところでお話をする機会がありましたが、今回は、厚労委員になったことをから、もっと関係を深め、情報を交換しあうことから、安倍暴走政治とたたかう力をつけようと懇談の機会を作っていただきました。 再び、貧困パッシングが始まっていること、資産報告をさせれること、国民健康保険料のこと、などなど。お聞きしました。 介護の懇談会は、京都社会保障推進協議会の介護部長の松田さんの報告と玉本…続きを読む

JR奈良線、京都の民泊

2016.09.06

IMG_3751

9月1日 JR奈良線沿線の市町の議員のみなさんと一緒に、奈良線の充実を求めて要請交渉を行いました。 南から、木津川市の宮嶋市議、井手町の谷田町議、城陽市の語堂、河村両市議、宇治市の坂本、渡辺、山崎たすく各市議と6区国政委員長の上條さん、森下府議が参加しました。 要望はどれも切実。JR京都支社では、要望はお聞きするとのことで、今後も、府市町村の議員の皆さんと連携をとって、住民の声を実現してきたいと思います。 また、日本共産党の国会議員団が、「京都の民泊」の現状調査のため京都入りしました。  こくた、本村、清水各衆院議員、京都出身で東京選挙区で先の参院選で当選した山添参院議員が参加しました。日本共…続きを読む

民医労大会、京建労秋の拡大出陣式

2016.08.30

DSCN7152

8月28日 朝一番民医労の定期大会で、ごあいさつ。夕方は、京建労の秋の拡大出陣式へ。 民医労の定期大会。民医連の病院で看護師をしていたので、民医労の大会は、出身労働組合。身近に感じます。若い組合員もたくさん代議員として参加していて・・・ 国会でこの8月から厚労委員会の担当になって、一層皆さんの声を政治に生かすと決意を表明しました。来賓の方が、先の参院選の野党共闘の前進を受けて、「民主主義はとまらない」と述べられました。このことに確信をもって、様々な分野で、憲法を9条だけでなく、25条も13条も生かす政治を作っていかねば。そのためにも医療や介護の現場で働く人達こそ、心豊かになれるようにせねばいけ…続きを読む

上京区後援会総会

2016.08.28

DSCN7148

8月27日 上京区後援会の総会で、お話しました。 参院選の結果は、野党共闘の前進が、自民党を追い詰めていることを、先の臨時国会(参院選直後の臨時国会)で、委員会の委員配置、特に厚労委員会の構成状況の経緯からおはなししました。参院議員となって、折り返しとなり、一層、京都の代表として皆さんの声を国会に届けていく決意を述べ、ご一緒に、安倍政治打倒しようと、呼びかけました。 (スタッフ)

厚労関係の団体などへごあいさつ

2016.08.27

DSCN7134

8月25日 この間、厚労関係の団体へごあいさつに伺っています。京都民医連をはじめ京都府看護協会などへ。 この日は、午前から午後にかけて、京都府医師会、京都府歯科医師会や福祉保育労働組合などに出かけました。簡単なごあいさつに終わるところが多かったですが、中には、大きな期待を寄せていただく団体もあり、身の引き締まる思いでした。 また、夕刻から、京都府社会保障推進協議会の運営委員のメンバーの方々、京都総評の皆さんとも懇談させていただきました。 倉林議員は、社会保障の大改悪、労働法制の改悪などが目白押しのなか、「京都の厚い運動の力を大いに国会論戦に生かしたい」と決意表明し、「憲法をまもる立場で団結して…続きを読む

浮島丸殉難71周年追悼式、夜久野町のミツマタ

2016.08.27

DSCN7107

8月24日 1945年の終戦直後8月24日舞鶴湾で浮島丸が大爆発を起こして船体が二つに折れ沈没するという大事故が起こりました。 この事故を追悼するため毎年、「浮島丸殉難者を追悼する会」が主催となって追悼集会を行っています。昨年は、国会開催中だったため参列できませんでしたが、毎年、参列しています。 この追悼式には、韓国民団と朝鮮総聯のそれぞれの関係者が、いつも参列されます。関係団体からの追悼の言葉のあと、追悼の舞、献茶、追悼歌などあって、最後に、舞鶴湾佐波賀の海に、献花された花を投げ入れ、犠牲者の方々のご冥福を祈ります。今年も、滞りなく厳かに終わりました。この追悼集会には、舞鶴の市会議員をはじめ…続きを読む

1 28 29 30 31 32 72