活動ブログ

若宮喜久子さんのお別れ会、国政報告会

2017年7月16日

7月15日

市会議員時代にお世話になった若宮修元京都市会議員団長の奥さんの喜久子さんが、7月12日にお亡くなりになり、14日のお通夜につぎ、お別れ会にも参列しました。

午後は、堀内照文衆議院議員と一緒に、国会報告会で、お話しました。

若宮喜久子さんが、若宮修さんの活動を支えながら、長い闘病生活を送っておられたことなど、玉本なるみ市会議員が、生前の様子をお話され、参列された方々は、ぞれぞれの繋がりでの思い出と合わさって、悲しみに涙されていたようです。心からご冥福をお祈りします。

 

午後は、衆参の厚労委員として、先の国会で取りあげた委員会の内容を、堀内衆議院議員と分担して、お話しました。堀内議員は、介護保険の改悪、保育所問題を中心に、倉林議員は、予算委員会では国保の支払いで生活困窮に追いやってはならないと迫り、厚生労働委員会では国保料・社会保険料の負担軽減を求め、機械的な差押をやめるよう迫ったことを紹介しました。また、西脇郁子府会議員から、京都府政からみた社会保障の状況をお話いただき、今取り組んでいる「いのちの署名」について、後援会Yさんから、詳しい説明をして頂きました。

事前の告知の不充分さにもかかわらず、会場いっぱいに集まって下さいました。ビラを見たと来て下さったみなさんに、感謝感謝です。ありがとうございました。

(スタッフ)

IMG_6124DSC_8044DSC_8049