活動ブログ

京都労働局

2018年2月16日

2月15日

京都労働局における労働者と事業者への無期転換ルールの周知徹底の取り組みの状況と丹後地区絹織物業最低工賃額の改定後の実情など、京都労働局にレクチャーを受けに行きました。

京都労働局に、まずありました「くるみん」マークを見つけて、パチリ。ツーショットはうまく撮れなかったので、マークちゃん。

レクチャーでは、無期転換ルールの周知徹底については、主に事業者への取り組みが全国的にも中心になっているところ、京都では、労働者のみなさんへの徹底のためにポスターを作ったとのことで、一枚分けていただきました。そのポスターを京都市の地下鉄35駅に貼ってもらったとのこと。貼っている時期は一定ではないそうです。出先の相談窓口(総合労働相談センター)も作って対応できるようにしている、など報告を受けました。相談件数は、集約していないが、それなりにあるそうです。

また、平成26年10月1日から丹後地区織物業の最低工賃額の改定により、適用、遵守されているのかをお聞きするのが目的でした。完全に実施されているわけではないようですが、是正できるものを検討したい、との回答もありました。

写真のポスターは、京都労働局の女性職員さんが、つくられたそうです。

(スタッフ)

DSCN9696DSCN9698