活動ブログ

丹後の演説会と与謝のアッコCAFÉ

2017年4月5日

4月1日

昼、丹後地区主催の演説会、夜、与謝地区のアッコCAFÉに出席しました。

早朝に東京から、京都駅八条口を経由して、丹後へ直行。お天気も上々。

宇川の「吉野の里」で、地物のカレイの唐揚げを頂いて、活動開始。まずは、丹後・古代の里資料館へ。北丹後での地震から90周年で、特別展示がされていると言うことで、足を伸ばしました。常設は、この地域から出土した古墳群の説明と遺物の展示。この地域が、丹後王国と呼ばれいるようです。

丹後の演説会は、京丹後市の市政報告も兼ねて、1時間30分、みっちり。

若者の働き方の現状を話してくれたNさん。スマホを見ながらの訴えは、「イマドキ」青年。田中市議の市政報告に続いて、山内健5区国政委員長が訴えました。前日の福知山駅でのキンカン行動で訴えていたときのことなど、情勢が変わってきていることを、参加者に手に取るようにわかってもらえる話で、みんな引き込まれました。

倉林議員は、国会の様子、「あべとも学園」(?)問題での日本共産党の追及の鋭さがどこから来るのか、などをお話し、参加者の皆さんがワクワクしながら聞いて下さいました。「今、国会は、野党共闘で、安倍政権を追い詰めているですね。日本共産党の小池さんが質問する。それを受けて連打連打で、民進党も質問する。こんな状況です。」とお話しました。そして、「この京都でも野党共闘をすすめましょう。京都での日本共産党の代表は、今、私一人なんです。京都中を一人で一生懸命頑張って廻っています。だけど一人では限界があります。だから、もっと、京都の代表がいるんです。京都北部は山内健さん。山内健さんを京都北部の代表として国会に送ってもらうと、どんなにいいか。どうか、皆さんの力で、山内健さんを、5区の野党共闘の代表に押し上げて。」と、日本共産党の議席の値打ちを紹介しながら、おねがいしました。

京都から、米軍レーダー基地の近くにある「平和菜園」に種まき活動にきていた「ネーネーズ」も、演説会に、来て下さいました。

夜の与謝の集いまでに時間があったので、「丹後震災記念館」、京丹後市網野町にある2つの断層(3つある内の2つ)を見て回りました。この断層は、どれも天然記念物。90年前の爪痕として、残されていました。丹後震災記念館は、耐震に問題があり、今は、こうかいしていません。

夜の与謝・女性のつどい「春を呼ぶアッコCAFÉ」は、喫茶店が貸し切り状態の「うたごえ喫茶」。山内健さんと倉林議員の挨拶のあと、質問コーナーを経て参加者で、合唱。早春賦、ともしび、高校三年生、乾杯を歌いました。

翌日、始発の列車で東京に帰るため、つどいを途中で退席させていただきました。

(スタッフ)

DSCN9026DSCN9043DSCN9050DSCN9051DSCN9068DSCN9070DSCN9077DSCN9084DSCN9091DSCN9094