倉林明子

倉林明子

メルマガ登録

みんせい京都のみなさんとオンラインで交流

2021.03.01

2月28日 みんせい京都のみなさんと「コロナ禍のしんどさはどこから?」をテーマに、オンラインで交流しました。 学生の皆さんや働くみなさんが、コロナ禍の中で、勉学・仕事や生活の中で直面していること、苦労していること、食材プロジェクトでボランティアをする中で感じたこと、などなど話されました。倉林議員が、それを受けて、今の政治、特に政府のコロナ対策がどうなっているのか、日本共産党のコロナ対策の提案などを紹介しながら、皆さんがしんどいのは、皆さん自身のせいではなく、「自助、共助、公助」を押しつける今の悪政が引き起こしているからで、こんな政治は、一日も早く変えていこう、国会論戦では、野党が協力し合って政…続きを読む

弁政連京都支部の弁護士さんらとの意見交換会

2021.02.17

2月13日 弁護士政治連盟京都支部の弁護士さんらとの意見交換会に出席するため、こくた恵二衆議院議員、井上さとし参議院議員と国会議員が3名そろって京都に戻ってきました。それを受けて、午前中国政事務所としての打合せをして、3月20日に予定されている「近畿オンライン演説会」のお誘いの動画撮りをしました。動画は、近日中に、JCP京都などでご覧になれます。乞うご期待!! そして、弁政連京都支部の弁護士さんらと意見交換会に出席しました。3国会議員と原田完、西山のぶひで両府会議員、西野さち子京都市議も参加しました。日弁連・京都弁護士会の日頃の活動に敬意を表しながら、今課題となっている問題について、意見交換を…続きを読む

府内の議員さんらとオンラインで懇談

2021.02.01

1月29日 コロナ感染が広がる中、「新型コロナ感染拡大をどう防ぐか」「ワクチン接種の課題は」など直面する課題を共有しようと、府内の議員のみなさんとオンラインで懇談しました。 倉林議員は、国も世論に押されて社会的検査を進める方向に変化していることを紹介し、国会論戦の到達を自治体でも活用してほしいとお話ししました。ワクチン接種について、今年前半にワクチン接種を(終わらせる)前提にしているが、オリンピック開催を前提にしているが為であり、これにとらわれるのではなく、「国民がいかに安全に受けられるか」を主題にして、副反応や安全性の確認ができるようにしていくようにしていかなければならないと、訴えました。 …続きを読む

近畿比例女性候補せいぞろい・オンライン演説会

2021.01.19

1月16日 近畿比例ブロックから立候補を予定している女性予定候補が勢ぞろいして、オンラインで演説会をしました。 当初は、神戸市、大阪市、京都市とリレー街頭宣伝を予定していましたが、折からのコロナ感染拡大の中、街頭宣伝を取りやめ、オンラインで演説会をすることになりました。倉林議員も、東京から戻ることができず、国会の執務室から、オンラインで参加しました。 金杉美和弁護士の司会進行で(コメントも的確で好評でした)、思春期アドバイザーのあかたちかこさんが、日本共産党頑張れと応援メッセージを送ってくださいました。 そして、予定候補者の出番です。大阪からは西田さえ子さん、京都からたけやま彩子さん、兵庫から…続きを読む

菅政権、終わりの始まり

2021.01.11

1月10日 民青同盟京都府委員会の代表者会議が開かれ挨拶しました。 昨年末、京都の民青同盟の皆さんは、同盟の仲間を増やす運動で、目標達成をされました。この日、若いみなさんがその成果をみんなで喜び合い、今後の活動やとりくみを確認し合う会議が開かれました。 倉林明子議員は、民青のみなさんの成果をたたえるとともに、コロナ感染が拡大し、対応が後手後手の菅政権の無為無策が露呈する中、「菅政権の終わりが始まっています、ご一緒に野党連合政権を誕生させ、みんなの命と暮らしが大事にされる政治をつくりましょう」と呼びかけました。 この会議は、オンラインで取り組まれ、倉林議員も国会の執務室から、オンラインで参加、あ…続きを読む

街頭演説 in 南丹市、京丹波町

2020.12.20

12月19日 口丹波地域で4カ所、街頭演説に回りました。 南丹市は、八木町と園部町、京丹波町は、須知と和知で、それぞれ訴えました。あいにくの冬の天気、しぐれて冷たい雨がふりだしそうな時と本降りになったりと、寒い寒い中での街頭演説になりました。地域の皆さんは、そんな寒いなかにもかかわらず、訴えを聞きに来て下さいました。八木町では浅田市議、園部町では野村市議、須知では東町議、和知では山田町議がそれぞれ議会報告をされ、そのあと、倉林議員が国会報告をしました。コロナ感染が広がる中、後手後手の菅政権の対応を国会で追及している国会でのやりとりを紹介し、命と暮らしを守る政治を実現する為に、日本共産党は、来年…続きを読む

コロナ感染どう食い止めるのか 

2020.12.19

12月18日 衆議院大阪3区の国政委員長わたなべ結さんのオファーをうけて、当初、大阪でのコロナ関連の「つどい」を予定していましたが、折からのコロナ感染の広がりの中、オンライン企画のシンポジウムとなりました。 銘打って「コロナ感染をどうくいとめるのか」。 わたなべ結さんのMCで、元大阪市の保健師をしていた方と、民医連の診療所の事務長さんのパネリストで、倉林議員は、京都からオンラインで参加しました。 阪での感染症対策の歴史と保健師さんが果たしてきた役割の紹介話、今の医療の現場の状態などが話されました。倉林議員は、安倍政権から菅政権になって、後手後手のコロナ対策、なにひとつ国民のいのちとくらしを守っ…続きを読む

伏見2カ所議会報告演説会

2020.12.07

12月6日 伏見区内2カ所で議会報告演説会で、国会報告をしました。 伏見区内中心部の2カ所、住吉地域と板橋地域で議会報告をしました。いずれも、古くからのたたずまいが窺える地域で、久々に集まって下さいました。また、住吉地域は、たけやま彩子さんのご親戚がお住まいとのことで、比例で立候補を決意したお話は、参加者のみなさんにも、新鮮だったようです。倉林議員は、コロナによって、政治の酷さがうきぼりになり、野党連合政権でどんな政治が実現するか、展望をお話ししました。 (スタッフ)

伏見・3カ所の議会報告演説会、洛西「吉田・たけやま励ますつどい」、宇治市長選最終日

2020.12.07

12月5日 伏見区内3カ所で議会報告演説会で訴え、洛西での「吉田・たけやま励ますつどい」で、終わったばかりの臨時国会の様子をお話ししました。そして、最後は、宇治へ。宇治市長選の最終日、ながさこ千春さんの応援に駆けつけました。 伏見区での砂川、藤森、向島の3地域で開かれた議会報告演説会。伏見の皆さんと久々にお会いし、コロナ禍の中にもかかわらず、たくさん参加してくださいました。砂川、山根市議、西山府議らのあと、藤森では、やまね市議、西山府議、応援に駆けつけてくださった思春期アドバイザーのあかたちかこさんらのあと、向島では赤阪市議、馬場府議、あかたさんらのあと、倉林議員が国会報告をしました。 洛西で…続きを読む

臨時国会が終わって緊急国会報告街頭演説

2020.12.05

12月4日 10月26日から始まった臨時国会が、閉じました。コロナがいっこうに収まらないどころか、第3波到来と言われる中、菅政権は、無為無策で国会を閉じようとし、野党が共同で、会期延長を要求したにもかかわらず、国会は閉じました。 3国会議員は、衆議院、参議院ともに本会議がいつもよりおそくまであり、東京を出る時間も遅くなり、緊急街頭演説も暗くなる中で始まりました。 ちさか拓晃京都府委員会書記長(衆議院小選挙区京都3区予定候補)、吉田幸一西地区委員会副委員長(衆議院小選挙区京都4区予定候補)、たけやま彩子京都府委員会ジェンダー平等・人権委員会事務局長(衆院近畿比例ブロック予定候補)の順に訴える中、…続きを読む

1 2 3 88