倉林明子

倉林明子

メルマガ登録

京都から滋賀県へ

7月6日
 午前、京商連共済会第37回定期大会のごあいさつに伺った後、午後、ラストサンデーの滋賀県知事選挙の応援のため、守山市と草津市へ出かけました。
 京商連共済会の大会では、迫府議もご一緒でした。
 滋賀県に応援に行く頃から雨が本降り。坪田候補は、そんな中でも、きちんと訴えられていました。
 何より、坪田さんを応援するみなさんの意気込みの強さに、熱いものが感じられました。だって、集団的自衛権行使容認反対とはっきり訴えているのは坪田さん。坪田さんは、「すべては子どもたちの未来のために」と掲げておられます。元小学校の先生であっただけに、教え子を戦場に送るようなことがあってはならいと思っておられる事、そのことを応援しているみなさんも共有しているということが、伝わってくるからです。
 夜の演説会でも、地域の人たちが、思いを寄せて参加されているのが感動でした。元京大で教えておられた先生の原発ゼロへの訴えは、琵琶湖をもつ滋賀県民の声でした。(スタッフ)


IMG_5530.JPGIMG_5527.JPGIMG_5524.JPGIMG_5520.JPG