活動ブログ

さくらであい館会館式典、きょうされん京都・懇談、高瀬川ライトアップ...

2017年3月28日

3月25日 午前は淀川三川合流域さくらであい館会館記念式典、午後には「きょうされん京都」の方との懇談、夜・高瀬川ライトアップの点灯式、日程こなしました。 午前、八幡の背割堤を見下ろせるタワーと淀川三川(木津川、宇治川、桂川が合流して淀川になる地点)合流域にイベントや会議ができる建物「さくらであい館」が完成し、その記念式典が開かれました。国会議員は衆議院では、山ノ井議員、こくた議員、泉議員、佐藤ゆかり議員(大阪・枚方)、安藤議員、参議院では二之湯議員と倉林議員でした。議員全員が祝辞を述べました。展望塔(タワー)見学にお花見船からの見学もありました。桜はまだ咲いていませんでしたが、市民の皆さんもた… 続きを読む »

洛南地区党会議

2017年3月23日

3月19日 東京で、全労連事務局長をされていた井上久さんが、昨年末急逝され、この日、「井上久さんを偲ぶ会」が開かれ出席しました。そして、夜、宇治の花やしきを経営されていて、宇治商工会議所会頭でもある山本哲治さんの「旭日小綬章受章祝賀会」が京都で開かれ出席しました。山本哲治さんは、山本宣治さんのお孫さんでもあります。 3月20日 前日、伏見区選出の上原ゆみ子府会議員が亡くなられたと連絡を受け、この日に、お見送りに駆けつけたあと、洛南地区党会議に参加しました。 洛南地区党会議では、国会報告を中心にお話しました。原発再稼動審査のために残業規制を適用除外に厚労省が要請もないのにしていた問題を、衆参の連… 続きを読む »

3・18さよなら原発 京都北部集会in舞鶴

2017年3月22日

3月18日 舞鶴で開かれた「3・18さよなら原発 京都北部集会in舞鶴」に参加しました。 国会の日程の関係で、朝、東京から、舞鶴へ。 福島原発訴訟原告団事務局長の服部浩幸さんが、「生業を返せ、地域を返せ!」と訴えられました。福島の皆さんの営業損害賠償についても、ずっと関わってきていましたが、服部さんの報告は、京都北部の皆さんにも、その実態が、深く伝わりました。「あの日の福島のことは、ここにいる皆さんの未来かもしれない」のです。原発がある限りと。お話しされました。 7人のリレートークで、倉林議員も発言しました。高浜、京丹後、宮津・与謝、舞鶴、綾部、福知山の地域での取組の紹介は、それぞれに参加者が… 続きを読む »

西地区と伏見地区の党会議、木津川市制10周年記念式典

2017年3月16日

3月12日 午前中、西地区党会議と伏見地区党会議に出席し、午後木津川市制10周年記念式典に出席しました。 午前の二つの地区党会議は、西地区党会議は冒頭に、伏見地区党会議はお昼休憩の直前に出席し、国会報告と党が大きくなった値打ちをお話しました。 午後は、木津川市制10周年の記念式典に出席しました。府内の自治体の長の皆さんが、ほぼ出席した式典でした。 (スタッフ)

バイバイ原発3・11きょうと

2017年3月13日

3月11日 円山音楽堂で開かれた「バイバイ原発3・11きょうと」に参加しました。 この日で、東日本大震災から満6年。今年も円山音楽堂で、「バイバイ原発3・11きょうと」が、開かれ、2500人の市民が参加しました。 今年は、講演やスピーチと合わせて、「3・11追悼」と題して福島で亡くなられた方々、失われたものに思いをはせ、怒りを表現するパフォーマンスがあり、スピーチと会場からの献花で追悼しました。倉林議員は、来賓として、紹介されました。 安倍政権は、まるで原発事故などなかったかのように、福島のみなさん、避難者のみなさんの様々思いに、なんらこたえることなく、帰還をすすめています。飯舘村の酪農家・長… 続きを読む »

山宣墓前祭

2017年3月6日

3月5日 午前は、北地区党会議で国会報告、午後に山宣墓前祭に参列し弔辞を読み上げました。 午前は、北地区党会議に出席し、冒頭、国会報告をしました。森友学園問題での我が党の活躍ぶりと党の議席が増えた事からこそ、時間を十分使って、安倍首相を追い詰めていることを紹介できました。また、前々日に、自身が参院予算委員会で、国保問題を取りあげたことを話すと、拍手も頂きました。 午後、この日は、山本宣治さんの88回目の命日。 初めて、山宣墓前祭に左列し、弔辞を読み上げました。墓前祭には、山宣を心から慕うたくさんのみんさんが参列されました。「山宣ひとり孤塁を守る だが私は淋しくない 背後には大衆が支持してゐるか… 続きを読む »

京教組定期大会と中京女性後援会宣伝

2017年3月5日

3月4日 午前、京教組定期大会で連帯のあいさつをし、午後中京女性後援会の皆さんと街頭宣伝をしました。 春を思わせる良い天気。午前は、京教組の定期大会で、連帯のごあいさつをしました。河口委員長の開会のあいさつや、来賓の全教の中村副委員長、京都総評の梶川議長がるる情勢をお話になりました。倉林議員は、今、話題の森友学園の疑惑、小池書記局長の国会質疑の紹介を生々しく紹介した上で、京教組の非正規の教職員の皆さんの健康保険問題にお役に立てたこともお話できました。京教組が組合として早くから非正規の教職員の健康保険問題に取り組んでいたからこそ、今回の成果も勝ち取ることができました。これからも、ご一緒に力を合わ… 続きを読む »

府党会議と次期参院選出馬表明

2017年3月1日

2月26日 京都府党会議が開かれました。 この府党会議で、倉林議員が2019年の参院選に2期目の挑戦をすることを発表しました。 また、府党会議では、白井聡・精華大学専任講師が登壇され、来賓のあいさつをされました。白井先生のあついあつい訴えは、参加者への大きな励ましになりました。また、浜矩子・同志社大学大学院教授からのメッセージが寄せられ代読されました。 衆院小選挙区候補が勢ぞろいして、こくた恵二衆院議員(日本共産党国会対策委員長)が、代表して決意表明されました。 (スタッフ)  

京大職組との懇談と日吉町での国政報告会

2017年3月1日

2月24日は、京大職組の皆さんと非正規雇用問題で懇談しました。 2月25日は、南丹市日吉町で国政報告会をしました。 2月24日 金曜日、京大職組の役員の皆さんとかねてからお聞きしたと考えていた非正規雇用の問題で、懇談しました。 京大職組の皆さんは、非正規で働く人たちも組合に組織して、「5年雇留め、邸削減、賃金体系の抜本的な見直しを!」求めて、活動されています。倉林議員は、この年度末にも、対象となる人たちのためにも、国会で取りあげたいと、お話をお聞きしました。大学も教員だけでなく、事務職(非正規)の人も、人材が流出してしまう、5年で雇留めをすることで人を新しくすることでお金がかかるし、スキルを活… 続きを読む »

「くるみん認定」のその後と新春のつどいin精華

2017年2月21日

2月18日 午前中、京都民報の取材と「創造する画家たち展」で、絵画鑑賞。午後は、精華町のつどいへ。 昨年、大手広告会社・電通の女性新入社員が過労自殺したことは、いろいろなところで、話題になっています。過労自殺に追い込むような働き方をさせている電通が、「子育てサポート企業」として厚労省が認定している(〈くるみん認定〉といいます)ことがわかり、昨年11月8日、国会で厳しく追及しました。そして厚労大臣から見直すという答弁を引き出していましたが、れが、今年4月1日から、制度の見直しを実施することが明らかになり、それを受けて、京都民報の記者さんから取材を受けました。記事は、乞うご期待! その後、クリエイ… 続きを読む »

ジャンボはがき№7

2017年2月17日

2月17日 ジャンボはがき№7が、できました。 今回は、昨年末の臨時国会で取りあげた「年金問題」がメインです。安倍首相に対し「下がり続ける年金、増え続ける医療・介護の負担、こんな仕打ちが許されるのか」と年金者の声を突きつけて追及した対決シーンを再現しました。 また、民進党の松野頼久衆院議員、自由党の小沢一郎代表、総がかり行動実行委員会の共同代表福山真劫さん、そしてこくた恵二衆院議員・日本共産党国会対策委員長が京都駅前で「市民と野党の共闘をさらに前へ! 安倍政権打倒!」と訴えた街頭演説も紹介しています。 (スタッフ)

年金事務所と全厚生

2017年2月15日

2月10日 昨年末の臨時国会で、年金受給に必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する「改正年金機能強化法」施行が決まりました。この法律の施行の準備のため、年金事務所の現状を知りたいと、日本年金機構に、視察の申入をしてたところ、この日、京都南年金事務所にて、懇談できることになり、浜田良之府議、北山ただお市議、井上けんじ市議らと訪問しました。 京都南年金事務所長から執務状況の案内を受け、年金相談の担当されている所員の方々から、お話を伺いました。相談担当者は17名、内正規は4名とお聞きしました。 執務時間終了後、全厚生の組合の皆さんとも懇談しました。この懇談では、雇用形態の問題、「10年短縮… 続きを読む »

革新・山科の会と先斗町通無電柱化事業起工式

2017年2月7日

2月5日 革新・山科の会の集会でごあいさつして、その後、京都市主催の「先斗町通無電柱化事業起工式」に出席して、東京に戻りました。 3日の節分の日、国会の倉林室のメンバーと京都のスタッフとの打合せを京都でしました。昨年の参議院選挙が終わって、国会のメンバーが少し入れ替わりがあったのですが、秋の臨時国会が延長されたこともあって、京都の地元事務所メンバーとの打合せができていなかったので、通常国会の開催時期になりましたが、会期後の総括と言うことで、京都で開きました。倉林議員の国会での活躍を改めて知ることになり、次の課題の提起もあり、励みになりました。 4日は、忙中閑あり、ゆっくり質問準備をして、5日の… 続きを読む »

美山のつどいへ

2017年1月30日

1月28日 かねてからのお誘いのあった美山町のつどいへ。 美山町内でのイベントがたくさんあって、「つどい」にどれだけの人が来てくれるか、と気を揉んでおられた鞆岡市議さんたち地域の皆さんも40名近くの方々にご参加いただけました。なにせ、小さい子ども達も来て下さって、保育室まで用意されていました。 吉田幸一4区国政委員長の決意表明のあと、国会報告をしました。参加いただいたみなさんからの質問は、今の政治の有り様を物語るものでした。この地域の産業は何か?農林業ではなく、林業なのだ。林業をどう考えているのか?というものでした。倉林議員は、林業で「食える」=生活できる産業にしないといけない、と考えていると… 続きを読む »

丹後の女性のつどい

2017年1月23日

1月22日 京都府鍼灸マッサージ師会新年祝賀会に出席した後、丹後へ。丹後の女性のつどいで、「国会報告」をしました。 昨年9月にリニューアルしたリーガロイヤルホテル京都で、京都府鍼灸マッサージ師会新年祝賀会が開かれ出席しました。この祝賀会には、こくた恵二衆議院議員(日本共産党国会対策委員長)も出席され、こくた議員が党を代表して、あいさつされました。 祝賀会が終わって、一路、丹後へ。京都市内は、天気も良かったのですが、京都縦貫道を北上するにつれて、気温は下がり、側道には雪が残っていて、残っている量がどんどん多くなっていく。丹後にたどり着けるのか、帰りは大丈夫だろうかと、思いながらの移動でした。 会… 続きを読む »

東山後援会新春のつどい、京都民報の対談

2017年1月23日

1月21日 伏見区が主催する「伏見区新春のつどい」に出席したあと、東山後援会の新春のつどいで訴えて、浅岡美恵弁護士と京都民報に掲載するための対談をしました。 伏見区主催の「伏見区新春のつどい」は、参院議員に当選以来、毎年案内をいただいており、参加しています。伏見と言うこともあり、伏見のお酒で乾杯でした。 東山後援会の新春のつどいでは、ちさか2区国政委員長があいさつをされた後、国会報告とちさかさんも触れられましたが、第27回党大会のこともお話しました。 2015年12月、国会議員の代表として、COP21と並行してパリで開催されたIPU(列国議会同盟)の議員会議に出席したことを受けて、気候変動の問… 続きを読む »

JR西大路駅のバリアフリー化への交渉、19行動

2017年1月20日

1月19日 党大会を終えて、翌日、午前はJR西大路駅のバリアフリー化について、地元の皆さんと一緒にJR交渉。午後は、19行動日ということで、京都市役所前での街頭演説に参加しました。 JR西大路駅のバリアフリー化は、早期に実現しないといけないことは、JR西日本もよくわっているようですが、駅の構造上の難しさから、後回しにされていました。やっと、実現へ計画が進み始めたところです。しかし、住民の皆さんが願うものとは、ほど遠いと言うことで、住民の皆さんの直接の声を届けること、知恵を出し合えるようにと交渉の機会を持ちました。   午後は、毎月の19行動日。2015年9月19日を忘れない、戦争法は… 続きを読む »

歴史的な党大会

2017年1月19日

1月15日から18日 歴史的な党大会に参加しました。 志位委員長の開会のあいさつの後、3野党1会派の代表のあいさつ。日本共産党の歴史の中で、他党の代表があいさつするのは、初めて。どなたも、格調高い、安保法制=戦争法廃止の運動を通じて、市民と野党が力を合わせて闘うことが、今、国民の、市民の願いにこたえることだと、お話されていました。 大会期間中は、毎日、「総がかり行動実行委員会」の共同代表の福山真劫さん、中野晃一上智大学教授や反原連のミサオ・レッドウルフさんなど、これまでの「古い友人」に加えて「新しい友人」のみなさんのあいさつがありました。 写真は、開会日初日と最終日、中央委員に再選されて紹介を… 続きを読む »

つどいと旗開きと定時定点宣伝と

2017年1月19日

1月14日 東京から、民医連4団体の恒例の「新春のつどい」で民医連出身の議員を代表してごあいさつ。国労京都の旗開きで、ごあいさつ。今年最初の定時定点宣伝で訴えました。夜、雪模様のなか、右京区後援会の新春のつどいでごあいさつして、民医労の旗開きへ。大急ぎで、東京へ戻りました。 東京から、京都民医連・民医労・共同組織・共済会、合同で毎年開かれる「新春のつどい」で、民医連出身の議員の皆さんが紹介され、代表してごあいさつしました。厚労委員になったことも紹介しながら、医療・介護・社会保障のあらゆる分野への国民いじめを、安倍暴走政治をストップさせようとお話しました。 このあと、大急ぎで、国労京都の旗開きへ… 続きを読む »

2017 新春のつどい

2017年1月19日

1月11日 民主府政・市政の会主催の「2017 新春のつどい」に、東京からトンボ帰りで出席しました。 高山佳奈子京大教授のほか、日本共産党からは渡辺和俊府委員長からあいさつがあり、日本酒「九条」の鏡開きに壇上へ上がりました。 翌日以降の日程もあり、トンボ帰りしました。 写真は、鏡開きの写真です。   (スタッフ)